ひかり電話の設定

ひかり電話の設定について


1.ひかり電話対応 ホームゲートウェイ(HGW)の設置
ひかり電話対応ホームゲートウェイTM(以下:HGW)を設置します。下のイメージがHGWになります。
ひかり電話対応ホームゲートウェイ(HGW)
商品名(型番)が「RT-500**」です。「**」はメーカーを表します。縦置き/壁掛け兼用スタンドを取り付けた状態です。置いて設置する場合は、このように縦置きにして利用します。
 ○HGW本体を壁掛けにする場合マニュアル( RT-500MI )【最初にお読みください】の2項となります。取り付け方にもよりますが、上方か左右どちらかにスライドさせて取り付けますので、スライドさせるスペースが必要です。
  マニュアルには、
  ● 壁掛けの場合、壁掛け面を除く上下左右に5cm の空間を作って設置してください。
  ●無線 LAN をご利用になるときは、壁に本商品を取り付ける前に無線 LAN カードを装着してください。 と記載されています。
 HGWおよび壁が破損する切っ掛けとなるので守りましょう。HGWを天井等にピッタリと設置する場合は、横にスライドさせて固定させます。
最も注意することは壁掛け設置用ネジでスタンドを取利付ける際ネジが斜めにならないよう注意を払って下さい。斜めに止めるとネジの頭がミゾに収まらないです。スライドして取り付ける際引っかかってうまくありません。ネジを強引に締めるとスライドが破損することがあります。

ひかり電話対応ホームゲートウェイ(HGW)の裏面
右のイメージ図がHGW( RT-500MI )の裏面です。続けてLANケーブルを接続していきます。
ONUとHGW【WANポート:濃いブルー】を添付LANケーブルで接続します(使用していたLANケーブルと取替えること)。パソコン等と接続されている他のLANケーブルについては薄いブルーの4ポートへ任意に接続します(Voipと接続していたLANケーブルは、撤去しましたので1ポートは空きとなります)。
電話機コードを接続します。電話番号が1番号利用ですので、「電話機2」は空きになります。
配線はこれで終わりです。これから電話関連の確認です。

右のイメージ図で確認します。ランプは以下の順に点灯していきます。
ひかり電話対応ホームゲートウェイ(HGW)の前面
①電源ランプ・・・・・・・・・・・緑色
⑤ACTランプ・・・・・・・・・・・緑色
⑥登録ランプ・・・・・・・・・・・緑色
④ひかり電話ランプ・・・・・・緑色
緑色の点灯または点滅は正常です。
④ひかり電話ランプが緑色に点灯で、電話が利用可能です。
発信と着信試験をして良好であることを確認します。
ひかり電話の利用が無い場合はランプは消灯です。
○その他のランプ状態  (正常時)
 ②アラームランプ     消灯
 ③PPP ランプ       緑点灯/橙点灯
 ⑦初期状態ランプ     消灯
 ⑧オプションランプ    消灯
以上が、正常時のランプ表示です。異なる色や点滅の場合は下の章にて確認します。

2.前面のオプションランプについて
○オプションランプのランプ状態
 消灯:正常
 緑 点滅:無線LAN利用中
 青 点滅後点灯:USBポート使用中
 橙 点滅:アクセスライン切替中

3.前面のランプ表示【異常時】について
異常かもの確認
①電源ランプ 消灯の場合
 対処:電源コードを確認します。
⑤ACTランプ点滅の場合。
 対処:しばらく待ちます。
 対処:ONUとHGWのLANケーブルを確かめます。
⑥登録ランプ点滅の場合  ひかり電話の設定中
 赤色の点滅・点灯
 対処:異常113へ問い合わせる
④ひかり電話ランプ消灯
 ひかり電話の契約なし:問題ありません
 ひかり電話の契約あり:異常113へ問い合わせる

    故障申告 【参考に】
    局番なしの113にても受け付けてますが、ひかり電話についてはIPカスタマセンタが良いと思います。【0120-248-995】

コメント

このブログの人気の投稿

ひかり電話対応ルーター<ホームゲートウェイ>の設定

OG400X下部のルータでIPv6を利用する

事業所向けIP電話の装置