Windowsxp®でのダイヤルアップ設定方法

Windowsの倉庫
Windows xp
    作業はすべて「コンピュータの管理者」の権限を持つユーザで行ってください。
    スタートメニューより[コントロールパネル]を選択します。

    続けて[ネットワークとインターネット接続]をクリックします。

    左側の[関連項目]欄にある[電話とモデムのオプション]をクリックします。

    電話とモデムのオプション

    [電話とモデムのオプション]ダイアログボックスが開きますので、[ダイヤル情報]タブが選択されていることを確認して,[編集...]ボタンを押します。

    [全般]タブが選択されていることを確認して、ダイヤルアクセスを利用する最寄りのアクセスポイントの[市外局番]を入力します。
    利用する電話回線の契約形態に応じてプッシュ回線、ISDN回線の場合は[トーン]を、ダイヤル回線の場合は[パルス]を選択します。

    すべての必要項目を入力したら[OK]ボタンを押して[電話とモデムのオプション]ダイアログボックスに戻ります。

    [電話とモデムのオプション]の[モデム]タブ

    [電話とモデムのオプション]ダイアログボックスに戻って[モデム]タブを選択し、ご利用になるモデムがインストールされていることを確認します。

    正常にドライバがインストールされていることを確認します。
    [OK]ボタンを押して続けて「PPP接続の設定」へ進みます。

    PPP接続の設定

    PPP接続の設定を行う方法は二通りの方法があります。
    ・[新しい接続ウィザード]を起動して行う方法
    ・[ネットワーク接続]より [新しい接続を作成する]方法
    新しい接続ウィザードを起動してのPPP接続の設定
    スタートメニューより[すべてのプログラム]-「アクセサリ」-[通信]-[新しい接続ウィザード]を選択します。

    [新しい接続ウィザード]が起動しますので[次へ]ボタンを押します。

    {次へ}をクリックします。
    [インターネットに接続する]を選択して[次へ]ボタンを押します。

    [次へ]をクリックします。
    [接続を手動でセットアップする]を選択して[次へ]ボタンを押します。

    {次へ}をクリックします。
    [ダイヤルアップモデムを使用して接続する]を選択して[次へ]ボタンを押します。

    {次へ}をクリックします。
    [ISP名]は任意ですので、後で分かりやすい名前を付与します。

    {次へ}をクリックします。
    プロバイダのアクセスポイントを半角数字で入力して[次へ]ボタンを押します

    {次へ}をクリックします。
    プロバイダ契約書をもとに認証IDを[ユーザ名]欄に入力します。
    同じように認証パスワードを[パスワード]および[パスワードの確認入力]します。

    {次へ}をクリックします。v [完了]ボタンを押して[新しい接続ウィザード]を終了します。v

    {完了}をクリックします。
    続けてスタートメニューに新しく作成されている[接続]から今作成したISP名を選択します。
    ダイアログボックスが表示されますので[プロパティ]ボタンをクリックします。
    {プロパティ}をクリックします。
    [ネットワーク]タブを選択します。
    下図のとおり[インターネットプロトコル(TCP/IP)]が選択されていることを確認します。v [プロパティ]ボタンを押します。

    {プロパティ}をクリックします。
    「インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ」ダイアログボックスが開きます。
    [IPアドレスを自動的に取得する]を選択します。
    次に[DNSサーバーのアドレスを使う]を選択します。
    プロバイダからの契約書または手順書を確認する
    [プライマリDNS]は、ネームサーバIPアドレス(優先順位1)を入力します。
    [セカンダリDNS]は、ネームサーバIPアドレス(優先順位2)を入力します。
    適切に入力し、画面の遷移に従って[OK]ボタンをクリックして完了です。

    設定した接続アイコンにダイヤルして接続を行います
    下のように「接続の完了」メッセージボックスが表示されればプロバイダへの接続は完了です。

    参考:ネットワーク接続からPPPの設定を行う場合

    スタートメニューより[コントロールパネル]を選択します。

    [ネットワークとインターネット接続]をクリックします。

    作業を選びますの中から[インターネット接続のセットアップや変更を行う]をクリックします。

    「インターネットのプロパティ」ダイアログボックスが開きます。
    [接続]タブが選択されていることを確認して[セットアップ]ボタンクリックします。
    [新しい接続ウィザード]が起動します。

これで設定は完了です。

コメント

このブログの人気の投稿

ひかり電話対応ルーター<ホームゲートウェイ>の設定

OG400X下部のルータでIPv6を利用する

事業所向けIP電話の装置