WindowsMe®でのダイヤルアップ設定方法

Windowsの倉庫
Windows ME(Millennium Edition-ミレニアムエディション)

    接続設定

    デスクトップの[マイコンピュータ]-[ダイヤルアップネットワーク]-[新しい接続]をダブルクリックします。
    新しい接続画面を表示します。

    [接続名]は、任意ですので、後で判るような名前を付与します。
    [モデムの選択]は、お使いになるモデムを選択します。

    [次へ]をクリックします。
    [モデムの選択]について
    モデム内蔵タイプの場合はマニュアルを参照、マニュアルがない場合はパソコンの筐体を開き内蔵パッケージを確認します。外付けモデムの場合は添付のフロッピーディスク等のメディアから「モデム定義ファイル」をインストールすると選択が可能になります。

    プロバイダへ接続する電話番号を入力します

    契約情報または設定手順に掲載されている電話番号[国番号]は、日本(81)を選択します。

    [次へ]をクリックします。
    付与した接続名に誤入力していないか確認して、[完了]をクリックします。

    ダイヤルアップネットワーク画面に作成した接続先のアイコンが表示される

    作成されたアイコンを右クリックして、プロパティを選択します。

    [情報]タブは、入力した情報が表示されます。入力が誤っている場合は、ここで訂正します。
    プロバイダの「アクセスポイント」が市内の場合は、{国番号と市外番号を使う}のレ点を外します。

    [サーバーの種類]タブは、[PPPP:インターネット、Windows 2000/NT、Windows Me]を選択します。
    [詳細オプション]は、[ソフトウェア圧縮をする]のみチェックします。
    [使用できるネットワークプロトコル]は、[TCP/IP]のみチェックします。

    [TCP/IP]の右側にある[TCP/IP設定]をクリックします。

    [サーバーが割り当てたIPアドレス]を選択
    [ネームサーバーアドレスを指定]プロバイダ情報
    [プライマリDNS]及び[セカンダリDNS]プロバイダ情報
    [IPヘッダー圧縮を使用]レ点付与
    [リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使用]にチェックします。

    [OK]をクリックすると上位のダイヤログボックスが表示するので、各ダイヤログボックスの[OK]をクリックします。

    [セキュリティ]タブ

    [認証]欄
    [ユーザー名]は、プロバイダ情報から認証(接続)IDを入力します。
    [パスワード]は、プロバイダ情報からパスワードを入力します。
    [ドメイン名]は、空欄のままで問題ありません。
    [自動的に接続する]は、任意にチェックします。
    [詳細セキュリティオプション]欄
    [ネットワークへのログオン]は、チェックしません。
    [暗号化パスワードを使う]は、チェックしません。
    [データの暗号化が必要]は、チェックしません。

    [スクリプト処理]タブ

    [スクリプトファイル]欄
    [ファイル名]は、何も入力しません

    [マルチリンク]タブ

    [追加デバイスを使わない]を選択します。

    [ダイヤル]欄

    [既定のインターネット接続]は、チェックします。
    [通常の接続でダイヤルする]を選択します。
    他の項目は、任意に設定します。

    {OK}をクリックします。
これで設定は完了です。

コメント

このブログの人気の投稿

ひかり電話対応ルーター<ホームゲートウェイ>の設定

OG400X下部のルータでIPv6を利用する

事業所向けIP電話の装置