Windows2000®でのダイヤルアップ設定方法

Windowsの倉庫
Windows 2000

    ダイヤルアップネットワークからの設定

    タスクバーの[スタート]-[設定]-[ネットワークとダイヤルアップ接続]-[新しい接続の作成]をクリックし、。ネットワークの接続ウィザードの開始します。
    ネットワークの接続ウィザードの開始画面が表示します。

    {次へ}をクリックします。
    [インターネットにダイヤルアップ接続する]を選択して、[次へ]をクリックします。

    インターネット接続ウィザードの開始画面が表示します。
    [インターネット接続を手動で設定するか、またはローカルエリアネットワーク(LAN)を使って接続します]を選択して、[次へ]をクリックします。
    [電話回線とモデムを使ってインターネットに接続します]を選択します。

    [次へ]をクリックします。
    [市外局番][電話番号]に最寄のアクセスポイントの電話番号を入力します。
    [国/地域名と国番号]は、[日本 (81) ]を選択します。
    [詳細設定]をクリックします。

    [次へ]をクリックします。

    詳細接続プロパティの編集画面が表示します。

    [接続]タブが開いています。
    [接続の種類]欄
    [ログオンの手続き]欄
    [なし]を選択します。

    [アドレス]タブ
    [IPアドレス]欄は[インターネットサービスプロバイダによる自動割り当て]」を選択します。
    [ISPによるDNS(ドメインネームサービス)アドレスの自動割り当て]欄
    [常に使用する設定]を選択します。
    プロバイダからの契約書または手順書を確認する
    [プライマリDNS]は、ネームサーバIPアドレス(優先順位1)を入力します。
    [セカンダリDNS]は、ネームサーバIPアドレス(優先順位2)を入力します。

    [OK]をクリックします。

    詳細接続プロパティの編集画面に戻ります。


    [次へ]をクリックします。
    [ユーザー名]は、認証IDを入力します。
    [パスワード]は、認証パスワードを入力します。
    [次へ]をクリックします。

    {OK}をクリックします。
    [接続名]は、任意の名前を付与します。

    [次へ]をクリックします。
    [インターネットメールアカウントを設定しますか
    [いいえ]を選択して、[次へ]をクリックします。
    [次へ]をクリックします。

    [完了]をクリックします。
    [今すぐインターネットに接続するにはここを選び[完了]をクリックしてください]をチェックしていると、接続画面を表示します。

    {完了}をクリックします。

    [接続]をクリックすると、プロバイダに接続します。

コメント

このブログの人気の投稿

ひかり電話対応ルーター<ホームゲートウェイ>の設定

OG400X下部のルータでIPv6を利用する

事業所向けIP電話の装置