Windows xp ADSLアクセスフレッツプランの設定手順

Windowsの倉庫
Windowsxp® ADSLアクセスフレッツプランの設定手順
    以下の作業はすべて「コンピュータの管理者」の権限を持つユーザで実施します。

    PPPoE接続の設定

    ADSLアクセス フレッツプランの接続に使用するPPPoE接続の設定を行うには
      ・[新しい接続ウィザード]を起動して行う方法
      ・[ネットワーク接続]より[新しい接続を作成する]方法
    どちらか[新しい接続ウィザード]を利用します。
    [新しい接続ウィザード]の起動までの手順についてはダイヤルアクセスの設定と同様です。
    1.[新しい接続ウィザード]が起動します。
      [次へ]ボタンをクリックします。

    2.[インターネットに接続する]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。

    3.[接続を手動でセットアップする]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。

    4.[ユーザ名とパスワードが必要な広帯域接続を使用して接続する]を選択します。

    [次へ]をクリックします。
    5.[ISP名]は任意です。自由にわかりやすい名前を付与します。

    入力が完了したら[次へ]ボタンをクリックします。
    6.プロバイダの契約情報を確認します。
      認証IDを[ユーザ名]のボックスを入力します。
      認証パスワードを[パスワード]および[パスワードの確認入力]のボックスへそれぞれ入力します。

    誤りがなければ[次へ]ボタンをクリックします。

    7.[完了]ボタンを押して[新しい接続ウィザード]を終了します。
    8.続けてスタートメニューに新しく作成されています。
     {スタート}→ [接続]に今、作成した{付与した接続名}を選択します。

    9.{付与した接続名}

    (手順5で入力した内容によって{付与した接続名}の部分の表示は変わります。)
    ダイアログボックスが表示されますので[プロパティ]ボタンをクリックします。

    10.[ネットワーク]タブを選択します。
      下図のとおり[インターネットプロトコル(TCP/IP)]が選択されていることを確認します。
      [プロパティ]ボタンをクリックします。

    11.「インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ」のダイアログボックスが開きます。
    [IPアドレスを自動的に取得する]を選択します。

    プロバイダの契約情報にDNSの指定がある場合

    次のDNSサーバーのアドレスを使う]を選択します。
    [プライマリDNS]は、ネームサーバIPアドレス(優先順位1)を入力します。
    [セカンダリDNS]は、ネームサーバIPアドレス(優先順位2)を入力します。


コメント

このブログの人気の投稿

ひかり電話対応ルーター<ホームゲートウェイ>の設定

OG400X下部のルータでIPv6を利用する

事業所向けIP電話の装置