バッファロー製ルーターの代表的な設定例

法人向けVoIPルータ「Netcommunity OGシリーズ」(オフィスゲートウェイ:OGW)について、最近耳にしたこと
2人が同時に話ができる2チャネルまでは「HGW」が設置されますが、3チャネル以上または3番号以上を通知したい回線番号が必要な場合は「OGW」となります。
以前のブログにも記載しましたが、最近の利用状況を聴きましたので再度書かさせて頂きます。
・VGシリーズ/OGシリーズ共にバージョンアップすると「IPv6・ipoe」対応となります。

v6プラス等のサービス詳細
・VG430/830(a)(i)とOG400X/800X(a)(i)は、NTT東西は残念ながら動作保証していません。
スペック不足で(IPv6→IPv4変換)の高負荷が耐えられないらしい。しかし、利用しておられる方はいらっしゃいます(接続台数の関係かな)。

NTT東西が動作保証しているOGWは以下のシリーズです。
・OG410X/810X(a)(i)
スペックは(IPv6→IPv4変換)の高負荷に耐えるが、あまり早くならないとのことです(プライベートネットワークの環境次第かな)
一部プロバイダーは「OG420X/820X(a)(i)」への変換を勧めています。

・OG420X/820X(a)(i)
半導体不足で入手できないとのこと

OGW利用OG410X/810X(a)(i)・OG420X/820X(a)(i)で注意すること
OGWのルーター機能がディフォルトの状態で、「IPoE IPv4 over IPv6通信(IPoE方式)」のサービスの利用が可能です。
OGWのルーター機能を利用していた場合の注意する点は
・「PPPoE」の切断(セッションの無効)を実行します。
・ルーター > LANインターフェース > IP払出し > RA払出しの「有効」を確認します。
・ルーター > マルチキャスト配信設定 > マルチキャスト配信機能の「有効」を確認します。
これで環境は整うと思います。

<一休み>
トップ画像が「WSR-3200AX4S-BK」のパッケージになってしまいますので、近くに降り立った「魚をくわえたサギ」の紹介です。

OGW利用下で「IPoE IPv4 over IPv6通信(IPoE方式)」利用するには「IPv6対応ルータ―」が必要です。
今回、入手したルーター【WSR-3200AX4S-BK】です。「IPoEサービス対応」を確認して購入しました。
箱から出してみました。
本体と取り付け前のスタンドです。
スタンドには「セットアップカード」がはめ込んでます。
本体には「Kaspersky」の「個体識別番号」と「ライセンスキー」が記載されたカードが貼ってありました。

背面のスイッチはディフォルトで「AUTO」+「ROUTER」でした。
LANポートとパソコンをLANケーブルで接続します。
ブラウザ(インターネットを閲覧するソフト)を立ち上げます。
ルーターの設定画面①が表示しない場合はパソコンのイーサーアダプターの設定を確認します。

<サーバー未検出>等のエラー

「イーサーネットプロパティ」>「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」のプロパティをクリック
「画面で次のIPアドレスを使う」を選択されており「IPアドレス」が入力してある場合はラジオスイッチを変更します。
念のため、このIPアドレスは変更前にメモしておきましょう(現在のネットワーク環境を変えたくない場合に必要です)。

⦿IPアドレスを自動的に取得する
⦿DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する

<画面を閉じる前に>
「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」にチェックが入っていることを確認します(□をクリックするとレ点が付きます)。


<設定画面①>ルーターからIPアドレスを取得できれば画面は遷移します。

【Internet側の確認を行う】をクリックします。
「セットアップカード」のパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
プロバイダーの契約が「IPv4:PPPoE接続設定」の場合は「接続先ユーザー名」と「接続先パスワード」の入力画面が表示します。
「PPPoE接続設定」から「IPv6」への変更には設定の状態が「無効」か未設定とする必要があります。
<「PPPoE接続設定」が設定済みの場合>
PPPoE接続先リストの表示/操作で、操作欄にある[OFF]をクリックします。
インターネットに自動接続できない場合、ルーターの設定画面にリダイレクトされます。
画面下の「設定画面に移動する」をクリックします(上の画面は表示しない場合があります)。

右下の「詳細設定(version1.10)」をクリックします。
Internet > Internetをクリックします。
IPアドレス取得方法は「インターネット@スタートを行う」が設定されているのを確認します。
[ステータス]-[システム]をクリックします。
赤枠「インターネット@スタートを行う」の後ろが「IPv6オプション」になっているか確認します。

「IPv6オプション」以外になっている場合や接続できない場合は「IPv6」画面から「IPv6接続方法」を選択し再設定します。
ブラウザの右上の矢印付長四角(□)が
ログアウトですので□をクリックします。
ルーターの電源アダプタを外して「OFF」にします。
AUTO/MANUALスイッチを、MANUALにしモードスイッチをROUTERにします。
ルーターの電源アダプタを接続して再度、「ON」にします。
Internet > IPv6をクリックします。
「NDプロキシを使用する」にチェックを入れ、設定をクリックします。

これ以降はマニュアルを確認してまとめました
(参考になれば幸いです)

バッファロー製ルータの代表的な設定例(2022/02/01)

バッファロー製ルータの背面のスイッチについて、設定で遭遇したスイッチ達(イラスト)です。

スイッチ・パターン1
ROUTER
 ・ON
 ・OFF
 ・AUTO
ONでルータモード
OFFでブリッジモード
AUTOで、WAN側と接続されたネットワークの状態によりルータ・ブリッジの自動切り替え ※

スイッチ・パターン2
AUTO/MANUAL
・ROUTER
・AP
・WB
AUTO:WAN側と接続されたネットワークを自動にて接続を試みる機能です。 ※
MANUAL:以下の3モードの内、選択されてモードで動作します。
スイッチをMANUALを選んだ時以下の機能が有効になります。
・ROUTER(ルーター):ルータとして動作します。
・AP(アクセスポイントモード:HUB(Wi-Fi機能)として動作します
・WB(ワイヤレスブリッジモード):離れて弱くなった電波を増幅するよう動作します(中継機モード)
※「AUTO」利用した場合、OGWの「IPv6・ipoe」そのままブリッジされることがあり注意が必要です。
マニュアルの記載は下の「トップ画面」の「インターネット設定」の説明と同じ動作になるのかな?
この項目にチェックが入っていると、「インターネット@スタートを行う」を選択している際、インターネットとLANの間でIPv6パケットが通過できる「IPv6ブリッジ」が選択されることがあります。
スイッチ・パターン3
ROUTER/AP
・ROUTER(ルーター):ルータとして動作します。
・AP(アクセスポイントモード):HUB(Wi-Fi機能)として動作します

スイッチ・パターン4
AP/WB
・AP(アクセスポイントモード):HUB(Wi-Fi機能)として動作します
・WB(ワイヤレスブリッジモード):離れて弱くなった電波を増幅するよう動作します(中継機モード)
MODEボタンの設定について
スイッチが「AP」側になっていることを確認し、MODEボタンを押してモードを切替えます。
全面のROUTERランプが橙色になっている場合は、AUTOモードです。

スイッチ・パターン5
ROUTER・on・offの選択
ONでルータモード
OFFでブリッジモード

<注意>
「IPv6対応ルータ―」が必要で、その機能がサービスされていることが必要です。
購入した時期により、バージョンアップが必要となったりします。
「ワゴンセール」や「メリカリ」等で入手した場合も注意しましょう。
インターネット環境がない場合、アップするための「ファームウェア」の入手に思わない苦労をします。
トップ画面
ブラウザーのアドレス欄に「192.168.11.1」と入力して[Enter]で、セキュリティ画面が表示します。 ユーザー名[admin] パスワード[password]又はセットアップカードに記載されているパスワード入力します。 本製品の設定画面にログインした際、最初に表示される画面です。
WXR-6000AX12Sシリーズ
WSR-3200AX4Sシリーズ(WSR-3200AX4SVersion 1.22)
WTR-M2133HS

詳細設定をクリックします。
プロバイダーの契約がIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)の場合、自動検出で「インターネット@スタート(回線自動判別機能)」で接続が成功します。
接続できない場合、電源を切って「AUTO」を「MANUAL」にして「router」もモードに変更します。

インターネット側の設定を行う画面です。
Internet > Internet(ルーターモード時のみ)

-----------------------------どちらか?

IPアドレス取得方法を指定します(ラジオスイッチを選択)
プロバイダーの契約が「transix」のサービスの場合に選択します。
 ●transixを選択します。
プロバイダーの契約が「v6プラス」のサービスの場合に選択します。
 ●v6プラスを選択します。
プロバイダーの契約が「IPv6オプション」のサービスの場合に選択します。
 ●IPv6オプションを選択します。
プロバイダーの契約が「OCNバーチャルコネクト」のサービスの場合に選択します。
 ●OCNバーチャルコネクトを選択します。
プロバイダーの契約が「クロスパス」のサービスの場合に選択します。
 ●クロスパスを選択します。
その他のDS-Liteを使用する
その他のDS-Lite方式(「transix」とは異なるゲートアドレスの設定が必要な回線)をお使いの場合に選択して、ゲートアドレスを入力します。

IPv4 over IPv6 通信サービス名(プロバイダー名【サービス名】)別
DS-Lite
VNE社 株式会社朝日ネット
Asahi Net v6 コネクト IPv4 over IPv6 接続
・WSR-1500AX2S
・WSR-1166DHPL2
クロスパス
VNE社 アルテリア・ネットワークス
 株式会社エクスゲート
 株式会社縁人【enひかり】
 楽天モバイル株式会社【楽天ひかり】
AUTOで(楽天ひかりはMANUAL)
・WXR-6000AX12Sシリーズ
・WXR-5950AX12シリーズ
・WXR-5700AX7Sシリーズ
・WXR-5700AX7Sシリーズ
・WSR-5400AX6Sシリーズ
・WSR-5400AX6シリーズ
・WSR-3200AX4Sシリーズ
・WSR-1800AX4シリーズ
・WSR-1500AX2Sシリーズ
・WSR-2533DHPLSシリーズ
・WSR-2533DHPL2シリーズ
・WSR-1166DHPL2シリーズ
MANUALで ・WTR-M2133HSシリーズ
・WTR-M2133HPシリーズ
・WRM-D2133HSシリーズ
・WRM-D2133HPシリーズ
・WXR-2533DHP2
・WXR-2533DHP
・WXR-1900DHP3
・WXR-1901DHP3
・WXR-1900DHP2
・WXR-1900DHP
・WXR-1750DHP2
・WXR-1751DHP2
・WXR-1750DHP
・WSR-2533DHP3シリーズ
・WSR-A2533DHP3シリーズ
・WSR-2533DHP2シリーズ
・WSR-A2533DHP2シリーズ

transix(トランジックス)
VNE社 インターネットマルチフィード株式会社
 インターネットイニシアティブ(IIJ)
 株式会社インターリンク(INTERLINK)
 エキサイト株式会社(BBエキサイト)
 株式会社NTT-ME(WAKWAK)
 株式会社NTTぷらら(plala)
 株式会社縁人【enひかり】

v6プラス
VNE社 日本ネットワークイネイブラー株式会社
 株式会社IC-NET(IC-NET)
 アイテック阪急阪神株式会社(Tigers-net.com)
 株式会社エクスゲート(おてがる光 IPv6オプション)
 株式会社NTTぷらら(plala(Sコース)
 株式会社エヌディエス【TikiTikiインターネット】
 株式会社縁人【enひかり】
 有限会社オープンサーキット(v6Neo)
 GMOインターネット株式会社(GMOとくとくBB)
 株式会社スピーディア
 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(So-net)
 合同会社DMM.com(DMM光)
 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)
 ニフティ株式会社(@nifty)
 株式会社NEXT【@スマート光】
 株式会社ネットフォレスト
 ビッグローブ株式会社(BIGLOBE)
 有限会社メディアちゃんぷる沖縄(@ちゃんぷるネット)
WXR-6000AX12Sシリーズ 初期バージョンより対応
WXR-5950AX12シリーズ 初期バージョンより対応
WXR-5700AX7Sシリーズ 初期バージョンより対応
WSR-5400AX6Sシリーズ 初期バージョンより対応
WSR-5400AX6シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-3200AX4Sシリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1800AX4Sシリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1800AX4シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1500AX2Sシリーズ 初期バージョンより対応
WTR-M2133HSシリーズ 初期バージョンより対応
WTR-M2133HPシリーズ 初期バージョンより対応
WRM-D2133HSシリーズ 初期バージョンより対応
WRM-D2133HPシリーズ 初期バージョンより対応
WXR-2533DHP2  (ファームウェア Ver. 1.44以降)
WXR-2533DHP  (ファームウェア Ver. 1.34以降)
WXR-1900DHP3  (ファームウェア Ver. 2.54以降)
WXR-1900DHP2  (ファームウェア Ver. 2.52以降)
WXR-1900DHP  (ファームウェア Ver. 2.42以降)
WXR-1750DHP2  (ファームウェア Ver. 2.51以降)
WXR-1751DHP2  (ファームウェア Ver. 2.51以降)
WXR-1750DHP    (ファームウェア Ver. 2.51以降)
WSR-2533DHP3シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-A2533DHP3シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-2533DHP2シリーズ (ファームウェア Ver. 1.11以降)
WSR-A2533DHP2シリーズ (ファームウェア Ver. 1.11以降)
WSR-2533DHPL2シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1166DHP4シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1166DHPL2シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1166DHPLシリーズ 初期バージョンより対応
IPoEインターネット接続機能
VNE社 NTTコミュニケーションズ株式会社
 NTTコミュニケーションズ株式会社【OCN】
OCNバーチャルコネクト
 エキサイト株式会社(BBエキサイト)
 株式会社エディオン(エディオンネット)
 株式会社NTTぷらら(plala)
 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)
 ニフティ株式会社(@nifty)
WXR-6000AX12Sシリーズ 初期バージョンより対応
WXR-5950AX12シリーズ 初期バージョンより対応
WXR-5700AX7Sシリーズ 初期バージョンより対応
WSR-5400AX6Sシリーズ 初期バージョンより対応
WSR-5400AX6シリーズ   初期バージョンより対応
WSR-3200AX4Sシリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1800AX4Sシリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1800AX4シリーズ   初期バージョンより対応
WSR-1500AX2Sシリーズ 初期バージョンより対応
WTR-M2133HSシリーズ   初期バージョンより対応
WTR-M2133HPシリーズ  (ファームウェア Ver.2.84以降
WRM-D2133HSシリーズ   初期バージョンより対応
WRM-D2133HPシリーズ  (ファームウェア Ver.2.84以降
WXR-2533DHP2  (ファームウェア Ver. 1.46以降
WXR-2533DHP    (ファームウェア Ver. 1.36以降
WXR-1900DHP3  (ファームウェア Ver. 2.59以降
WXR-1901DHP3  (ファームウェア Ver. 2.59以降
WXR-1900DHP2  (ファームウェア Ver. 2.57以降
WXR-1900DHP    (ファームウェア Ver. 2.48以降
WXR-1750DHP2  (ファームウェア Ver. 2.56以降
WXR-1751DHP2  (ファームウェア Ver. 2.56以降
WXR-1750DHP (ファームウェア Ver. 2.56以降
WSR-2533DHP3シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-A2533DHP3シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-2533DHP2シリーズ (ファームウェア Ver. 1.20以降
WSR-A2533DHP2シリーズ (ファームウェア Ver. 1.20以降
WSR-2533DHPL2シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1166DHP4シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1166DHPL2シリーズ 初期バージョンより対応
WSR-1166DHPLシリーズ 初期バージョンより対応
IPv6オプション
(旧)VNE社 日本ネットワークイネイブラー株式会社(v6プラスの新規受付を終了)
(現)VNE社 ビッグローブ株式会社(BIGLOBE)
WXR-5700AX7S (Version 1.00)
WXR-1750DHP (Version 2.49)
WSR-5400AX6 (Version 1.00)
WSR-2533DHPL2 (Version 1.00)
WSR-2533DHP3 (Version 1.21)
WSR-2533DHP2 (Version 1.11)
WSR-1800AX4 (Version 1.00)
WSR-1166DHPL2 (Version 1.00)
WSR-1166DHPL (Version 1.00)
WSR-1166DHP4 (Version 1.00)
WSR-3200AX4S (Version 1.00)
WSR-1500AX2S (Version 1.00)
WSR-2533DHPLS (Version 1.00)
インターリンク【ZOOT NATIVE】DS-Lite(Dual-Stack Lite)
NTT東西よりホームゲートウェイ(HGW)でのDS-Lite方式の対応開始との プレスリリースが配信されましたが、現時点ではZOOT NATIVEに対応しておりません。
WXR-6000AX12S
WXR-5950AX12
WXR-5700AX7S
WSR-5400AX6
WSR-3200AX4S
WSR-1800AX4S
WSR-1800AX4
WTR-M2133HS
WTR-M2133HP
WRM-D2133HS
WRM-D2133HP
WXR-2533DHP2(ファームウェア Ver. 1.44以降)
WXR-2533DHP(ファームウェア Ver. 1.34以降)
WXR-1900DHP3(ファームウェア Ver. 2.54以降)
WXR-1901DHP3(ファームウェア Ver. 2.54以降)
WXR-1900DHP2(ファームウェア Ver. 2.52以降)
WXR-1900DHP(ファームウェア Ver. 2.42以降)
WXR-1750DHP2(ファームウェア Ver. 2.51以降)
WXR-1751DHP2(ファームウェア Ver. 2.51以降)
WXR-1750DHP(ファームウェア Ver. 2.51以降)
WSR-2533DHP3
WSR-A2533DHP3
WSR-2533DHP2
WSR-A2533DHP2
WSR-2533DHPL2
WSR-1166DHP4
WSR-1166DHPL2
WSR-1166DHPL
” その他の設定(参考)
手動設定:インターネット側(IPv4)のIPアドレスを手動で設定したい場合に選択します。
インターネット@スタートを行う
インターネット回線の種類を自動的に判別し、インターネットに接続するまでの設定を自動的に行います。
IPv6 PPPoEには対応していません。 ”
株式会社バッファローのホームページで重要な広告がありました。
IPv6でスイスイ通信!でも気をつけたいWi-Fiルーターの選び方
【独り言】
最後までお読みいただきありがとうございます。
今読んでいただいたバッファロー製ルーターもNEC製ルーターも設定項目は変わりません。
ラジオスイッチがコンボボックスの違いがあるだけです。
「 v6プラス」等でインターネットに接続するには、IPv6 Ready Logo(World IPv6 Launch以降)を取得した市販のIPv6ルーターがお勧めで、今回は「バッファロー製ルーター」を取り上げてみました。
IPv6家庭用ルーターにはこんな資料が出ています。
IPv6家庭用ルータガイドライン(2.0版 2010年7月29日発行)
ルーターの設定工事などの必要もなくインターネットに接続できるようになりますよう願っています。

コメント

このブログの人気の投稿

OG400X下部のルータでIPv6を利用する

ひかり電話対応ルーター<ホームゲートウェイ>の設定

事業所向けIP電話の装置